京浜四大本山巡り
京浜四大本山巡りについて 増上寺 池上本門寺 川崎大師 総持寺

【謹告】
熊本大地震・東日本大震災の被災者の皆さまに心よりお見舞いを申し上げますとともに、その心に寄り添った復興が一日も早く円成されることをお祈り申し上げます。
京浜四大本山は、宗派の別を越えて被災者の皆さま並びに被災地の支援を続けて参ります。
今月のピックアップ 毎月、各大本山の行事をピックアップしてお知らせします。
曹洞宗大本山 総持寺
大本山總持寺布教師会会員による法話会と屋上坐禅会
大本山總持寺の御征忌期間に重なる10月11日(土)~14日(火)の日程で、JR鶴見駅に隣接する商業スペースビルCIAL鶴見の5F「禅カフェ 坐月一葉」室内茶室を使い、10時15分より法話会、そして引き続き場所を移動して、CIAL鶴見の屋上スペースを利用し日除けテントを張った簡易坐禅堂にて “屋上坐禅会” が催されます。
いずれもちょうど御征忌期間中に本山へ集う總持寺布教師会会員が担当します。
普段はそれぞれの地域でご活躍の高名な布教師がたが、この期間贅沢にラインナップされるといった、またとない機会です。
ご興味ある方、参加申し込みの方は、坐月一葉の電話・FAXにて(共045-504-8588)、もしくは店頭にて直接申し込みをお願いいたします。
秋の涼風と共に禅の風を感じてみませんか?
※写真は昨年の屋上坐禅会の様子
○行事についての問い合わせは 總持寺 までお願いします。
○その他、こちらの「曹洞宗大本山 總持寺」か 
  公式サイト http://www.sojiji.jp/をご覧下さい
京浜四大本山巡り「だより」京浜四大本山巡り「だより」10月号
 (最終更新日2017/10/01)
Adobe Reader
京浜四大本山巡りとは?
 芝・増上寺、池上・本門寺、川崎大師・平間寺、鶴見・總持寺は、国道一号線沿線上にほぼ一直線上に位置する、それぞれの宗派を代表する大寺です。
 現今の世情を見ると、随所にゆがみを生じ、仏教を基盤として私たちの先人達が営々と築いてきた伝統である日本的心情も失われつつあります。
 
 日本人の精神性の大本になる教えを、その佇まいも含めて常に発信し続けてきたのがお寺です。特に大本山はそのための一大拠点です。
 今、仏教各宗・各寺が手を携えて行動を起こさなければいけない時と考えています。幸いにも至近の区域にある四大本山がそれぞれの佇まいの特色や伝統の魅力を生かし、現代を生きている人々がイキイキ生きるためのメッセージを発信したいと願っています。
 是非、この機会に、歴史と自然が溢れる京浜四大本山を巡り、新たなる発見と心安らぐ時間を体感していただきたいと思います。
  (「京浜四大本山巡り」の方法については、こちらをご覧下さい。)
御朱印帳 ページの上へ
 各大本山では、ご参拝の記念として「京浜四大本山御朱印帳」を一部500円にておわけしています。
 
 この御朱印帳には、各大本山の縁起や写真などがコンパクトにまとめられ、各大本山の御朱印を記帳することが出来ますので、ご参拝の折りに、是非、お役立て下さい。
 
 (「京浜四大本山巡り」の方法については、こちらの「巡り」の流れをご覧下さい)
「巡り」の流れ ページの上へ
  • 御朱印帳は、一部500円にて各本山でおわけしています。
  • 御朱印帳がおかれている場所は、各大本山にお問い合わせ下さい。
  • 御朱印帳の郵送等は受け付けておりません
  • 各大本山とも受付時間は、10:00~16:00 です。
  • お越しの際は、公共機関をお使い下さい
  • 記帳の際は、各大本山にて志納金300円をお納め下さい。
  • 巡る順番はありません。
  • 御朱印帳は再発行しませんので、大切に保管してください。
| はじめに | 増上寺 | 池上本門寺 | 川崎大師 | 總持寺 |
ページの上へCopyright(C) 2009 Keihin Shidaihonzan All Rights reserved.